女の人

傷跡が残るということはほぼ無い|プチ整形はスキンケアの延長

メリットと良いクリニック

注射

メイクの延長です

整形手術と言われると、皮膚を切開して糸で縫い合わせるなどの施術を頭に浮かべてしまう人も少なくはありません。ところが、最近ではメスを使わない、いわゆるプチ整形と呼ばれる方法を選ぶ人が多く、これは非常にメリットが多いものなのです。例えば、鼻を高くしたいと考えた場合、一昔前ではシリコンを埋め込んだりするなどといった方法がとられてきたのですが、プチ整形ではヒアルロン酸やコラーゲンという成分を注射器で入れるだけで、隆鼻させることが可能となりました。プチ整形の優れた点は、麻酔をする際でも特殊なクリームを使って皮膚を麻痺させてから施術を行なうため、麻酔の際に痛い思いをすることもありません。しかも患者さんに意識がある状態ですから、もう少し鼻筋を通して欲しいといった具合に、直接注文を出すことができるため、麻酔から目覚めたら希望とは違う顔になっていた、といったことを防ぐことができるのです。もちろんすべてのプチ整形がこのような方法でやるわけではありませんが、何週間も入院する必要がないおかげで、仕事を休まなくても良く、すぐに元の生活に戻ることができます。仕上がりも非常に自然なため、周りに整形をしたことがバレにくいといった利点もあります。プチ整形の場合、早ければ半年ほどでまた元の状態に戻るため、気に入らない部分があったり、後からもっとこうすれば良かったと感じたとしても、やり直しも容易いため、整形施術に挑戦するならプチ整形を選んでおくと良いでしょう。

顔以外も行なえます

二重にしたり、小顔効果があったり、鼻の形を整えるなどといったことだけが、プチ整形だと考えられている場合もないわけではありません。ただ、顔以外の部分でも不満があるのであれば、プチ整形を行なうことが可能なのです。脂肪を吸引するというものがあるのですが、ちゃんとしたクリニックでやってもらうことにより、スタイルを良くすることができます。中には大量に取り除いたせいで、皮膚がたるんでしまうケースもあるのですが、そのような場合でも適切に対応してもらえるので心配はいりません。異常に汗が出て困っている、もしくは額から出るとメイクが崩れるので、体質によってはとても臭いがきつくなるため何とかして欲しい、といったこともあったりするわけです。ですが、そのような悩みもプチ整形で解決することができてしまうのです。どのような施術をお願いするにしても、これらはすべて医療行為となるため、きちんとしたクリニックに行かなければなりません。ホームページを見るだけでも、良し悪しを判断するための材料はありますが、実際に足を運んでおき、先生と会話をしてみるのが理想的です。初めてであれば、わからないことだらけでしょうから、疑問は口に出してみて、真摯に答えてくれるのかを確認してみましょう。図を描いてくれる、あるいは模型を使ったり、最新のクリニックでは患者さんの顔や全身の画像をパソコンに取り込んで、そこからプチ整形後の姿をシミュレーションしたりといったことをしてくれます。このように、理解を得るためや、不安をなくすために手を尽くしてくれるところを選ぶのがおすすめです。